カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HIGURASHI(日暮し)/Arifureta-Dekigoto(ありふれた出来事) (1977/4th) (Japan)

国内のシンク・レコードから、アルテイメイトHQCD&15年リマスター、限定ペーパースリーヴでのリシュー。見開き&コーティング紙ジャケ仕様で、初CD化。日暮しは、高校時代に忌野清志郎、林小和生と共にザ・リメインダーズ・オブ・ザ・クローバーのメンバーだった武田清一が、ザ・リメインダーズ・オブ・ザ・クローバー解散後に中村幸雄と新たに結成したデュオ・ユニットのストロベリー・クリームを母体として、そこにかぐや姫の山田パンダの紹介で榊原尚美が加入する形で72年に結成された。本作は、77年に日本ビクター/インビテーションからリリースされたフォース・アルバムで、2曲目の「いにしえ」がシングル・ヒットしたので知っている人もいるかと思う。メンバーは、前作からの榊原尚美、武田清一、中村幸雄の3人を中心に、バックは大村憲司、椎名和夫、高中正義、深町純、岡田徹、今井裕、小原礼、後藤次利、鈴木博文、村上秀一(ポンタ)、高橋ユキヒロ、橿渕哲郎、斎藤ノブなどが担当、曲によってストリングスも入る。プロデュースとアレンジは星勝。独特の木漏れ日アシッド・フォーク的情感とニュー・ミュージック的洗練感が見事な融合を見せる、『日暮し的くぐもり木漏れ日感』の頂点といえるサウンド。「日傘」や「ありふれた出来事」、「街の影」、「春にゆられて」、「出来事」辺りの透明な情感は非常に穏やかで美しく、柔らかい内省感と抑えた郷愁感は、ともかくも上品で心地好い。多くの曲で聴けるポンタの歌心のあるドラムも絶品で、およそ文句なしの好盤。心地好し!。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

シンク・レコード盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Acid Folk/Folk,SSW,New Music / Paper-Sleeve UltimateHQCD(2015 Re-master) / Think! Records/Japan)

HIGURASHI(日暮し)/Arifureta-Dekigoto(ありふれた出来事) (1977/4th) (Japan)

価格:

3,024円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

HIGURASHI(日暮し)/Arifureta-Dekigoto(ありふれた出来事) (1977/4th) (Japan)

榊原尚美(vo,rcdr)
武田清一(ac-g,sl-g,12-g,mdlm,vo)
中村幸雄(ac-g,12-g,hmca,vo)
大村憲司(el-g)
椎名和夫(el-g)
高中正義(el-g)
笛吹利明(ac-g)
深町純(el-p,cblo)
渋井博(solina,syn)
寺田護(acdn)
栗林稔(p,el-p)
岡田徹(el-p)
今井裕(el-p)
小原礼(b)
後藤次利(b)
鈴木博文(b,per)
村上秀一(ds)
高橋ユキヒロ(ds)
橿渕哲郎(ds)
斎藤ノブ(per)
浜口茂外也(per)
武川雅寛(per)
星勝(vo,rtythmbox)
西谷昭グループ(strings)
藤沢一彦グループ(strings)
大野忠昭グループ(strings)

Produced by 星勝


収録曲目
01.おだやかな午後
02.いにしえ
03.日傘
04.ありふれた出来事
05.君の息吹を
06.オレンジ色の電車
07.街の影
08.夏のこわれる頃
09.冬の電車
10.春にゆられて
11.出来事

ページトップへ