カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

TRADER HORNE/Morning Way(モーニング・ウェイ〜朝の光の中で) (1970/only) (トレーダー・ホーン/UK,Ireland)

国内のマーキー/ベル・アンティークから、70年のアルバム未収シングル2曲(UKのエソテリック盤と同じ)をボーナスで加えての、SHM-CD&16年新規リマスター、限定ペーパースリーヴでのリシュー。コーティング&見開き紙ジャケ仕様(ドーン・ロゴマーク入)で、ポートレイト・カード入、歌詞・対訳付。音質はクリアで奥行きが感じられ、円やかで上品になっている印象。トレーダー・ホーンは、ジュディ・ダイブル(ex.フェアポート・コンヴェンション,ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ,etc)とジャッキー・マコーリー(ex.ゼム,クルト,ベルファスト・ジプシーズ,etc)、ピート・シアーズ(ex.スティームハマー,ジェイド,シルヴァー・メトレ,ロッド・スチュワート,etc)の3人が、69年にロンドンで新たに結成したグループで、本作は70年にUKドーンからリリースされた唯一のアルバム。シアーズは早々に離れており、メンバーは、ジュディとマコーリーの2人に、レイ・エリオット、ジョン・ゴドフリー、アンディ・ホワイトを加えた5人編成で、プロデュースはバリー・マーレイ。基本的には牧歌的アシッド・フォークといってよいと思うが、ハープシコードやチェレステ、フルートやオート・ハープを鏤めたサウンドは、いわゆるギター中心のフォークとは一線を画す独特のプログレ感があり、くぐもった雰囲気とプカプカの浮遊感が上手いマッチングを見せる。バックの演奏も適度なバンド感が感じられ、ブリティッシュ然とした煮え切らなさとくぐもり感、少し古めかしい感じの美しさが漂っており、その意味では独特のアート・ロック的味わいもある。全体に、明る過ぎず暗過ぎずの奇妙な昂揚感があって、サイケといってしまう程に毒々しいわけではないが、シンプルだが非常に耳に心地好い凝ったサウンドを展開しており、侮れない奥深さを放つ好盤。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

マーキー盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Acid Folk/Psyche,Progressive / Paper-Sleeve SHM-CD(2016 Re-master) / Belle Antique/Japan)

TRADER HORNE/Morning Way(モーニング・ウェイ〜朝の光の中で) (1970/only) (トレーダー・ホーン/UK,Ireland)

価格:

3,394円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

TTRADER HORNE/Morning Way(モーニング・ウェイ〜朝の光の中で) (1970/only) (トレーダー・ホーン/UK,Ireland) TRADER HORNE/Morning Way(モーニング・ウェイ〜朝の光の中で) (1970/only) (トレーダー・ホーン/UK,Ireland)

Judy Dyble(vo,harp,p)
Jackie McAuley(vo,g,kbd,fl,per)
Ray Elliott(fl,clnt)
John Godfrey(b)
Andy White(ds)

Produced by Barry Murray


収録曲目
01.Jenny May/ジェニーメイ
02.Children Of Oare/オールの子供達
03.Three Rinds For Elven Kings/3つの指輪はエルフの王に
04.Growing Man/大人になりきれない男
05.Down And Out Blues/落ちぶれた男のブルース
06.The Mixed Up Kind/秩序なき世界
07.Better Than Today/今日より良い日
08.In My Loneliness/孤独のなかで
09.Sheena/シーナ
10.The Mutant/ザ・ミュータント
11.Morning Way/朝の光の中で
12.Velvet To Atone/孤独へのヴェルヴェット
13.Luke That Never Was/日の目をみなかったルーク

bonus track(1970 single):
14.Here Comes The Rain/雨が降って来た
15.Goodbye Mercy Kelly/さようなら、マーシー・ケリー

ページトップへ